2012年05月29日

【劇団衛星】サードハンド

《劇団さんに聞きました!VOL97》

劇団衛星 
サードハンド
KAIKA(京都府) 2012/6/23(土)〜2012/7/1(日)
公演詳細はこちら
劇団衛星


プロデューサー・植村純子さんにご回答いただきました。

eisei01.jpg

<どんなストーリーですか?>
喫煙者と非喫煙者の闘いを描いた、社会派コメディです。
WHOから「サードハンドスモークに関する重大な警告」が発表され、各地の嫌煙家が同時多発的に暴徒化し、内戦状態になった日本。そんな状況下で、強硬な嫌煙家達による暫定統治機構と、愛煙家レジスタンスを軸に、物語は進んでいきます。
※「サードハンド」とは、主流煙・副流煙による喫煙に次ぐ、三次喫煙。残留受動喫煙とも呼ばれる。たばこの煙が室内の壁などに吸着して有害物質が残り、たばこを吸わない人が有害物資を吸い込むことを言います。

<みどころを教えてください>
劇団衛星3年ぶりの新作。「煙草の問題というのは非常に特殊性が高い」と語る、作・演出の蓮行がお贈りします、構想数年に渡る野心作になります。
また、劇団衛星は、京都「KAIKA」のフランチャイズカンパニーとして活動しているのですが、約1ヶ月前から公演会場となる場所を本番同様に使い、舞台装置を建て込みながら、作品を創っています。場の力、スタッフさんの力、そして本と演出と出演者と、それらが合わさって生み出されるものを、ぜひご覧いただきたいです。


<今回の公演の予定上演時間・休憩はありますか?>
上演時間は80〜100分の予定です。
途中休憩はありません。


<会場でDVDやグッズなどの販売はありますか?その内容は?>
検討中です。あるかもしれません、ないかもしれません。


<ご自分の公演以外で、最近見てすごいと思った公演を教えてください。(演劇以外でも構いません)>
GWに大阪で観た、庭劇団ペニノ「誰も知らない貴方の部屋」は、圧巻だなと思いました。


<どんな人に見てもらいたいですか?>
喫煙者にとっては、気分を害することがあるかもしれません。そのお覚悟を持ってお越しください。
(喫煙者の方にはその分割引チケットもご用意しています。劇団へお問い合わせください。)
でも、喫煙者の方にも、そうでない方にもご覧いただきたいと思っています。


<初めて見る人へメッセージ>
深くもあり浅くもあるのが劇団衛星の作品です。
お気軽にお楽しみを。&少し突っ込んでいただければ、さらに楽しんでいただけると思います。


公演詳細はこちら
劇団衛星

posted by eplus at 20:37| 劇団さんに聞きました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする